Skarocksteady Soundsystem

音楽と写真と暮らす毎日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

炭鉱の町に生きた 

万字 008
ここは炭鉱があった町。
今はもう何もない。
そしてだれも住んでいない。


万字 007
ここにはかつて旅館がありました。たくさんの人が泊まったことでしょう。
見てのとおり凄い見た目をしています。


万字 009
ダルマストーブ朽ち果てています。燃料はこの地で採れます
一階部分の崩壊は凄まじく年月の流れを感じます。

万字 010
良い建材で建てられたのかしっかりしています。
じゃあ2階へあがってみます

万字 011
寂しいです。
光は時に残酷なまでに寂しさを映す。

万字 012
フルヤ ビスケット
現在でも星の数ほどビスケットはあるが、
ビスケットという言葉のなかに潜む
アナクロニズムを僕は感じてしまう。
外で遊んでいる子供は寒いのに短パンにサスペンダー
お下がりのお下がりのセーターを着て・・・・云々だ。


20131018225430cbd.jpg
復刻された壜の
この飲料を見かける事があるが
正真正銘当時のものだ。
中の液体が数十年の年月を経て
ここに存在している。




万字 018
日本旅館だ。
今もこんなに自然が見れる。
この廊下を給仕さんが通ったのか

万字 013
哀愁いっぱいだ。
裸電球が・・・・。
隣にはハチの巣がある。

万字 014
天然の木を加工をあまりせずに随所に配置してるが
この中央の木・・・・怖いです。

万字 019
脚付きテレビと植物


万字 016
カレンダーは1975年で終わっていた。
もちろん僕は生れてはいない。
自分が今まで生きてきた時間よりもこのままの状態で
現在に至るって。
すごくないかい?
ここの炭鉱はこのカレンダーの1年後に閉山しています。




検索でヒットしずらい様に
地名は書いてませんが
写真にマウスを乗っけると地名が出ます。
くれぐれも破壊などしないように
そっとしておいてあげて下さい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skarocksteady.blog.fc2.com/tb.php/119-e952a9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。