FC2ブログ

Skarocksteady Soundsystem

音楽と写真と暮らす毎日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

築別坑 斜坑 

002_20140514152549ae1.jpg
羽幌炭鉱 築別坑 斜坑
年月を重ねながら地底への坑道は山中に
今なお眠る







築別 斜坑 006
さて前回坑口浴場の記事を書いたがその浴場から耳を澄ませば川の
音が聞こえてくるはずだ
その川の対岸の斜面に坑口が口をあけています。
(ちなみに夏~冬までは激藪のため発見できず)





築別 斜坑 011
見えてきました
雪解けのこの時期は深い汚泥に足をとられ非常に歩きづらい
対岸といっても汚い泥の道が向こう側に渡してくれるが。
水量の多い川に滑落しないように気をつける






築別 斜坑 004
近づいてみるとかなり大きい坑口という事がわかる。
夏季は藪により非常に困難を極めるということは想像に難しくない
密閉はされていないようなので入ってみよう





築別 斜坑 012
冬の間にできた氷筍が少しづつとけはじめているが
まだ残っていた。
解けた水が再度地面で凍り、足元は非常に滑る。






築別 斜坑 010
壁から滴ってできた氷柱はまだかなりの大きさを保っている
隧道によく見られる光景で
高松ズリ捨てや奔別の隧道でもおなじ光景にでくわした









築別 斜坑 007
1ヶ月くらい前はもっと凄かったのではないだろうか
凍ったりとけたりで氷は白く濁っている
折ったりしないように氷の上を進む






築別 斜坑 009
数年前に坑口を密閉していたブロックが散乱している
その奥にはなんともいえない感触の土だ
支保工と上部には隙間ができてしまっていた
さらには支保工が錆びてきていて
少しずつ歪んできているようにも見える









築別 斜坑 013
更に奥へ
写真の奥で土砂による閉塞が確認できたが
潜入はここまでにする
布引坑
ように足を滑らせたら落ちてしまうような傾斜ではないが
単独で最奥は心細いので。







築別 斜坑 014
幻想的だ
山中を歩くにはもう汗をかくような季節だが
地底への入り口はゆっくり時間が進んでいる
季節限定の素敵な光景をかみ締める







築別 斜坑 015
外が見えてきた
雪と泥だらけの
現在へ戻る







築別 斜坑 001
おまけ
途中寄った春の炭鉱住宅は今まで見たことのないほど全貌を現している

築別 斜坑 002
真ん中の通路から奥に向かって左棟は白い色をしている
完全にゴーストタウンだが各住居の窓から誰かに監視されている気がしてならない

築別 斜坑 003
右棟は薄赤い見た目をしている
前人たちの記事で全景をよく撮られるのは左棟、
内部の写真を掲載しているのは右棟となっている。
あまりヒトが訪れないためか
奇妙な泣き声の鳥が絶えず大声で僕を警戒している。
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skarocksteady.blog.fc2.com/tb.php/152-9d3b258e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。