FC2ブログ

Skarocksteady Soundsystem

音楽と写真と暮らす毎日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

栗山トンネル 

栗山トンネル 011
。1990年(平成2年)に栗山 - 栗丘駅間の下り線にある栗山トンネルが崩壊したため、旧上り線を用いた単線での運行となったが、トンネルはそのまま復旧されず放棄された(旧上り線は大部分で残存しており、車窓からも確認できる)。
(wikiより抜粋)













栗山トンネル2
昔のある日に見つけたトンネルは変わらずに同じ姿をして今もそこにあった。
人の手から離れた瞬間からかなりの速さで朽ちてゆく
この日はそんな記憶を頼りに夕張からの帰り道をを国道234号に決定した。
ここを撮っている方は断然夕暮れが多いが
この時間も夕暮れ、すべての条件がそろっていた。










栗山トンネル 002
隧道へはこの明り取りの部分から進入する。
国道のパーキングの真横に明かり取りの部分が面しているため、アクセスは大変よい。
真夜中にパーキングに駐車し仮眠をとり、夜が明け目が慣れてきた時に
2枚目の写真の光景が見えてきた時
おどろおどろしいその姿に驚くのではないだろうか。










栗山トンネル 001
線路もパラストも枕木もそのまま残されている。
夕陽が差し込む隧道の壁に自分の影を映しながら
線路の上を歩いた。








栗山トンネル 003
資材が片隅に放置されていた。
僕はこういう写真がとても多いが
つかの間 という表現をよく使っている。












栗山トンネル 006
時代柄か鉄道の世界では本当にこう呼ぶのか
わからないが、暗闇の中に
スイッチを指し示す看板が現れた。
















栗山トンネル 007
スイチと配電盤の箱
隧道の内壁には水分が染み出て鉄の素材は錆びてゆく









栗山トンネル 004
土砂が流出し
木材では頑張りきれなくなっている
隙間からはさらさらの雪が
少しだけ積もり
ちょっとした風情が。










栗山トンネル
現在はこの看板も全く意味を成さないほど
放置され立派な単線区間となっている。
この訪問者はもちろん従わない。










栗山トンネル 008
今でも黒白フィルムで写真を撮っているが
ネオパン1600なき今、昔のように撮りたいが
どうにもうまくいかない。















栗山トンネル 005
・・・過去は遠いもので
嫌でも進む時間に押しつぶされそうになる
こういうひと時がつかの間で
暗闇に飛び込んでいく

































栗山トンネル 012
夏の間に活動した蜂たちももう死んだ




栗山トンネル 009
秋が深まる頃
明かり取りの区間からは綺麗な夕陽が見えたんだ








栗山トンネル 010
自分が表現しないカラーの世界では哀愁が見てとれた。
ここへと導いてくれた方は
このトンネルのことを実際そう呼んでいた。









関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skarocksteady.blog.fc2.com/tb.php/160-40496d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。