FC2ブログ

Skarocksteady Soundsystem

音楽と写真と暮らす毎日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

太陽小学校 

羽幌 002
太陽小学校
昭和46年に閉校
昭和54年羽幌緑の村として転用されたが建物の老朽化にともない平成12年に完全閉鎖
それは強烈なインパクトでたっていた。
image_20130829210358cf9.jpg
円形の体育館は誰もが目を奪われるだろう
天井の鉄筋が素敵でした。

羽幌 001
羆と海豹の剥製
よくできていた。所々虫に食われていた

校舎の回廊には骨となった小動物の死骸が横たわっている
これにもまだ虫がたかっている。

ある箇所では強烈な獣臭をぼくは感じてしまった。
床は抜け落ち、天井は落ち荒廃の進む小学校ではあるが

1部屋だけ厳重にバリケードが施された部屋がある。
そこには閉鎖されて以来進入したものはいないだろう
バリケードの隙間からのぞいてみるとどうやらリネン室のようだ。
ボロボロの建物の奥まった場所にあるバリケードの隙間から
見えたベッドと真新しい布団に
強い違和感を覚えた。
建物の形状からその部屋の奥にはまだ部屋がありそうだったが
管理者がそこまでして守りたかった物はなんだったのだろう?
放火を恐れてか?




やがて
薄暮の時間をむかえ
動物たちが活動を始めるころ


築別本流と木の看板に書かれた
林道に僕らは迷い込んだ


誰も来ることが無いその廃道には鹿がいた
かつての動物たちの住処にヒトが道を作り
そして不要となって捨てた道にまた動物が戻ってくる
そんな道に僕らは迷い込んで
鹿はずっと僕らを見つめて
いつまでも
どけてくれることは無かった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skarocksteady.blog.fc2.com/tb.php/97-8a107a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。